「つまらない人生」から脱出する方法

あなたの人生はつまらないですか?
それともハッピーに過ごしていますか?

実は私たち地球で住む人には「人生がつまらなくなる仕掛け」がされています。それが正常に作動している人は「つまらない人生」を送っているかもしれません。

そのスイッチがどういうものか?
「つまらない人生」から脱出するにはどうすればよいか?
解説したいと思います。

※この記事の内容はYouTubeの動画でも解説しています。
画面がぼやけていてすいません。笑

「つまらない人生」から脱出する方法

なぜ私たちの人生は「つまらない」のか?

スピリチュアルな話になりますが、 そもそも地球人というのは宇宙人が創造した存在です。
太古の地球に「神様」として宇宙人が降り立ちました。
宇宙人は地球を自分たちの思い通りの星にするために、都合よく動いてくれる存在が欲しいと思いました。

そこで、創られたのが「地球人」です。いわば「宇宙人の奴隷」です。
「奴隷」として創造された私たち地球人の遺伝子には、「黙々と働く」という要素が組み込まれているのです。
人間が国家や政治、会社のために無意識に黙々と働けるのはそのためです。

しかし、最近では宇宙の考え方を持っている人が地球に多く転生するようになりました。それがスターシードです。

スターシードは宇宙の記憶を持って地球に生まれているので、黙々と働くということに違和感があります。奴隷として生きることにガマンできないのです。

そうしたスターシードがYouTubeなどいろいろな場で発信しています。
「あなたは奴隷ではなく自由に生きてよいのですよ」と皆さんの肩を叩いています。そうして「つまらない人生」に疑問を感じる人が増えてきました。

「つまらない人生」だと気付けている人は〝超チャンス〟です!
今まで、多くの人は「つまらない」と感じることなく、毎日毎日働いて生きることに精いっぱいでした。そんな状況では奴隷の生き方から脱するのは到底無理です。

「つまらない」と感じている人は、奴隷からパーンと目覚める段階に来ています。
「私は奴隷ではなく、もっと魂が輝く人生がある」と思えるようになっているのです。

ではどうやって目覚めるのか?具体的な方法をお伝えしていきます。

奴隷脱出の5つの方法

①あなたの「当たり前」を書き出す

あなたがこれまで「当たり前」だと思っていたことを書き出しましょう。

例えば、65歳まで働かないといけない、男だからこういう仕事をしないといけない、子どもはこう育てないといけない、など何でも結構です。 仕事や家庭、生き方で発想を広げて、なるべくたくさん書き出しましょう。

奴隷から脱出するには、今までの固定観念を捨て去ることが大切です。
それには、あなたが何を「当たり前」と思っているかを明らかにする必要があります。
「良くない」「危ない」と思っていることでも、どんどん書いていきましょう。

②「雇われる」という感覚から脱却する

会社でサラリーマンとして働いている人はその感覚が染みついています。
「嫌でも会社のためにはガマンしないといけない」
「理不尽なことでも仕事だから仕方がない」
自分が自分を解放するには、そうしたサラリーマン感覚を変えていく必要があります。

いつでもこの仕事を辞めてやるとか、自立してやる、という危害を持つことが重要です。

多くの人は「会社を辞めてフリーで食べていくのは怖い」と思ってしまっています。
しかし、そんなマインドを持ち続けると自分で自分にブロックをかけることになります。

もちろん、誰もが会社を辞めるのが正解とは限りません。会社の中で自分の使命を見つけてやりがいを持って働ける方は大丈夫です。

大切なのは「雇われる」ではなく、自分の人生や仕事の主導権は自分が握っているという意識を持つことです。

③生きる力をつける

人間は重い石を運んでピラミッドを作れるように遺伝子が操作されています。
しかし、これからは奴隷ではなく、自分一人で生きていく力をつけることが重要です。

現在は生きていくための無料のツールが世の中にあふれています。
YouTubeでもスキルを磨くための情報がたくさん得られます。本を読むのが苦手な人は映像を見ればよいのです。そうした資源を生かすも殺すもあなた次第です。

プログラミングができればパソコン1台で仕事ができます。
イラストを書いてネットで販売している人もいます。
在宅でできる仕事は山のようにあります。
一人で生きていく力を付けるハードルは、昔に比べて下がっているのです。

④孤独を恐れない

会社を辞めてフリーになって生きていく心構えを持つことが大切です。

私は主人や子どもと離れて一人で生きることを考えるときがあります。
最悪なケースを考え、どんな仕事をしてどうやって生きていこうとシミュレーションします。
そんな時でも生きていける自分を想像することが大切です。

皆さんも一人で生きることを想像してみると、「案外大丈夫かも」と分かります。

実際に一人で生きることが目的ではなく、「一人でも生きていける」という心構えを持つことが重要です。

集団の中でずっと生きるのはしんどいですよね。
一人で生きる力をつけ、そうした選択肢を頭に置いていくだけで肩の力が抜けます。

他人や家族への依存心がなくなり、日常の接し方にも余裕が生まれるでしょう。

⑤何かのコミュニティーに入る

コミュニティーに入ることは成長する上で効果的です。
④と逆行するように思えますが、一人で生きるスキルを身につける手段だと考えてください。

コミュニティーというのは昔のサークルやクラブ、町内会ほどつながりが強いものではありません。

有名人がやっているオンラインサロンのようなものをイメージしてください。
YouTubeのチャンネル登録や、有料のメルマガ会員になることも「コミュニティーに入る」と言えます。

「この人の考え方いいな」と思える人の仲間になって情報を得ていきましょう。
その人が勧めることをやってみたり、本を読んだりして学んでいくのです。

特定の人にこだわる必要はなく、複数の人のコミュニティーに入ってもいいです。
他に良いと思える人が出てくれば、乗り換えてもいいでしょう。

そうやってたくさん情報を得ていけば、奴隷的な生き方から少しずつ脱することができます。

以上です。

「人生がつまらない」と思っている人は奴隷から脱出する時期に来ています。
日々の労働に消耗するのではなく、魂が喜ぶ生き方を追求しましょう。

それは、あなた自身が見つけるしかありません。
周りの人はヒントはくれますが、あなたの魂が喜ぶ生き方はあなたしか分からないのです。

ぜひ、今日から動き出しましょう。

愛を込めて