テレビを見ない生活 脱・洗脳!

早くテレビから離れましょう。
テレビ漬けの人はある意味ヤバいかもしれません・・・。
実は、私も小さい頃はずっとテレビをつけっぱなしにして見る家庭で育ちました。
学校から帰って夕方5時くらいから寝るまでずーっとテレビを見ることもよくありました。
ゴールデンタイムの番組を楽しみにしてテレビに向かってあーだこーだいっていた記憶があります。

そんな生活を続けている人はまだ多いのかもしれません・・・。
そんな生活を続けていると新時代(宇宙時代)に馴染めず苦痛の人生を歩むことになるかもしれません。

気づいたら周りは60代以上のおじいちゃんおばあちゃんばかりかも・・・。
あなたがヤバいと気づいて焦ってももう遅い・・。
新時代をうまく生き抜けなくて誰もやりたくないような余った仕事をしていくしかないかもしれません。
テレビを昭和〜平和初期の頃の使い方でまだ使っている人たちはかなり危機感を持った方が良いでしょう。
 
テレビを見ない生活ってどんな生活なのか?
我が家のテレビとの付き合い方を紹介しようと思います。
我が家はテレビはNHKの子供番組かdvdを再生するためだけに使います。
子供達の息抜きとして録画したものを見るだけで使っていると言う感じです。
*録画して見ているものは

*DVD

・トトロ
魔女の宅急便
紅の豚
・こどもチャレンジ(しまじろう)

大人は一切テレビは見ませんがスマホで好きな動画は見たりします。
abematvやyoutubeで株や経済の話、息抜きとして芸人さんの話のまとめみたいなのは見ます^^(見るというよりラジオ代わりかも?)

テレビをなくすことで一番有益なのは「時間」が生まれること。
小さい頃は夕方5時から夜の10時までテレビに拘束されていたと思うと結構無駄な時間を過ごしていたんだな・・と実感します。
今はその5時間をブログを書いたり、経済の勉強をしたりこどもたちと遊んだり有益な時間に変えられています。

テレビが作られた目的は「洗脳」
未だに洗脳情報は残っていて民衆の意思を操作されています。
しかし最近は60代以上の方がテレビを見て、それ以外の世代はあまり見ていないので洗脳されているのは60代以上の方が多いと思います。
洗脳によって、

・現金信仰(現金こそ素晴らしいと言う考え)
・年収信仰(年収で人に優劣をつける)
・アメリカの文化を取り入れることがおしゃれなどの意識
・中国を嫌う意識
・日本が危険にさらされているなどの意識
・最近の若者は愚かだという意識

などなど挙げればキリがないですが、様々な意識を植えつけられています。
結局は高齢化が進んでいるのでテレビはまだ生き残っていますが、今後どんどん衰退していくことは間違いないでしょう。
10代、20代、30代でまだテレビを3時間以上見ている人は、早く卒業しましょう。

もっと勉強しなければいけないこと、考えなけれないけないことは山のようにあります。
時間は有限です。

私たちには本という知識の詰まった結晶があります。
本が苦手な人はyoutubeにも為になる動画がたくさんあります。
ぜひ自分のことに時間を使いましょう^^
ぼーっとしている人は早めに目覚めてください。

宇宙時代到来はもうすぐそこ!!
時間はありません。

愛を込めて
yurie