スピリチュアル子育て

❤️ガイドスピリットと共に❤️日々霊性向上に励みましょう♪

あなたの旦那がモラハラ夫だとしたら・・・

最近流行しているモラハラ夫。

 

私の知人の旦那さんもその傾向がある様子💦

 

でもその知人は気づいていない?のか目を背けているのか。

 

未だに一緒に暮らしているようです。

 

今ではやっと「モラハラ」と言う言葉が問題視されていますが、

 

戦争直後の昭和時代の夫はほとんどがモラハラ夫だったのかもしれませんね。

 

近年ではアセンションの影響から「男尊女卑」から「平等」へと意識が変わりつつあります(4次元への移行)。

 

やっと女性の人権や権限が男性と同様に認められてきました。

 

そもそもモラハラ夫とはどんな人なのでしょう?

 

ガイドから教えてもらったチェックリストがあるので、気になる人はやってみましょう^^

お付き合いされている彼がモラハラの傾向があるか?もチェックできるので独身の方もやってみてください!

 

*あなたの夫(彼)はモラハラ?チェック*

・あなたを束縛したがる

 

・あなたを管理したがる

 

・あなたを指示に従わせたがる

 

・あなたの才能や存在を否定する

 

・その男性は見るからに自己中心的だ

 

・その男性には世間の常識が通用しない

 

・その男性は怒りっぽい

 

・その男性は口調、行動が威圧的

 

・その男性は女性を見下している発言、態度が目立つ(女のくせにと言ったりする)

 

・その男性は浮気ぐせがある

 

・その男性はある程度お金や権力がある

 

・その男性は返答がマメである

 

・その男性は育ちにトラウマ、ひどい経験がある

 

・その男性はコンプレックスを抱えている

 

・その男性は誰の感情にも寄り添わない

 

・その男性は母親と仲が悪い

 

・その男性は趣味が少ない

 

こんな感じです。

 

上のチェックリストからもわかるようにモラハラしてしまう男性は男性本人がとても傷ついています。

 

とても弱く、精神的に不安定な人です。

 

モラハラと聞くと横暴で自己中!!と言うイメージですが、それだけでなくとても繊細で傷ついている魂です。

 

その男性を選んでしまう女性の特徴はひょっとしたら「自分が変えられるかもしれない」という潜在的な救いたいという気持ちがあるのかもしれません。

 

もしくはその男性を選ぶ女性自身は「自己肯定感が低い」傾向もあります。

 

私の知人もそのタイプです。

 

褒められるよりけなされる方が居心地が良いと言うタイプ。

 

そんなタイプはモラハラの男性といることが逆に居心地が良かったりします。

 

勝手に自己否定をしてくれるためです。

 

 

もし上記のチェックをしてご主人がモラハラかも!!とおもった場合はどうしたら良いのでしょう?

 

まずは、

1.自分の霊性をあげましょう

まずは自分自身の霊性をあげてその場所にいなくても良いように成長していきましょう。人を変えることは至難の技です。まずは自分が「自己肯定感が低いか?」よくチェックして思い当たる場合は自信を回復できるように努めていきましょう。

 

2.「無」の感情をうまく使えるようにする

その男性とコミュニケーションを取る時は必ずと言っていいほど傷つけられてしまうので、「無」の境地でいる練習をしましょう。返事をしているふりをして全く心を動かさないという方法です。毎日顔を合わせないといけないでしょうからこれはとても効果があります。

苦痛を和らげることができます。

 

3.霊性をあげて少しずつ相手と距離を取るようにしていく

彼のトラウマを改善したりできるのであればそれがベストですがそれはとても難しいです。それを求めるよりはあなた自身が居場所を変える方が簡単かもしれません。

離婚という決断が果たして家族にとって幸せか?はしっかり考えなくてはいけませんが、これから先も永遠と傷つけられることを考えると一つの手かもしれません。

簡単に答えを出さずしっかりと考えることです。

 

4.最後まで諦めない

あなたが幸せになることを最後まで諦めないようにしましょう。必ず道はあります。

あなたの人格が否定され続けることはやる気、気力を削ぎ落とされてしまうことです。しかしそれに負けずにその状況から脱出することを望めば必ず道は見つかります。

 

以上です。

 

モラハラをされる環境にいるということは想像以上の苦痛だと思います。

 

必ず幸せになる方法はあります。

 

現状を脱出するぞというやる気、気力はぜひ失わないでださい。

 

何か手助けができたら幸いです。

 

愛を込めて。

 

 ーーーーーーーーーーーーー

*セッションの詳細はこちら*

spispi.hatenablog.com